2014年01月04日

人間は、進歩か退歩かのいずれかであって、

『人間は、進歩か退歩かのいずれかであって、
 その中間はない。
 現状維持と思うのは、
 じつは退歩している証拠である。』
    森信三

新年を迎えて、やはり、少しでも
進歩していきたいものだと
思います。
現状維持は、相対的には
退歩であるといえるでしょう。
だからこそ、進歩のために
日々を、精一杯に生きていく
ことが重要なのだということですね。
posted by 清水の伏竜. at 04:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック