2010年03月19日

Why love one, but eat the other?

「Why love one, but eat the other?
(なぜこっちは愛してあっちは食べるの?)」

ラスベガスで、提示されたという言葉ですが、
まさに、人の矛盾をつく言葉であると
いえるでしょう。
ペットであったり、動物保護運動であったり、
動物を守るという運動をしている人が、
ハンバーガーを食べ、チキンナゲットを食べ、
たまご焼きを食べている。
自分が守りたいと思うものは大事にするけど
それ以外は殺して食べてもかまわない。
それって、どこかおかしくはないでしょうか。
まさに、そう問いかけているわけです。
ペットを飼う人、動物保護や愛護を訴える人は
当然、どんな生き物も愛する人であるべき
ではないのですかと、問いかけているのです。

「ヴィヤーンドゥ(肉) = ムートゥル(殺害)」

という言葉が巴里では、提示されたそうです。
死骸を食べるのは、殺害を助長し推進することに
他ならないということです。
もし、動物を大事にしたいと思うのなら、
ぜひ、ベジタリアン生活に一歩踏み出してみて
欲しいとおもいます。
ヴィーガンになるのもよいですが、
せめて、ラクトベジタリアンでありたいもの
だといえるでしょう。
それも難しいのであれば、
「Meat Free Monday(肉なし月曜日)」
「菜食の木曜日」
のように、週に1日だけでも、ベジタリアンに
1日1食だけでも、ベジタリアンに、
そして、肉よりも魚という選択を
していって欲しいとおもいます。
愛を説き、殺すなかれと言った聖人たち、
イエス様も、お釈迦さまも、
ベジタリアンであったのですから、
聖人を信じ、信仰するのであれば、
ベジタリアンであるべきだとも
いえるでしょう。

日本人は、精進料理と和菓子で
ベジタリアンに!。

食の多様性を考えるための参考資料
多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル
http://www.jpvs.org/link/manualforvisitors.pdf

ベジタリアン (Vegetarian)
「健全な、新鮮な、元気のある」という意味の
ラテン語 'vegetus' からできた言葉。
ベジタリアンにもいろいろあります。
ビーガン (Vegan)
ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)
ダイエタリー・ビーガン (Dietary Vegan)
フルータリアン (Fruitarian)
ラクト・ベジタリアン (Lacto-Vegetarian:乳菜食)
ラクト・オボ・ベジタリアン (Lacto-Ovo-Vegetarian:乳卵菜食)

☆日本ベジタリアン協会
http://www.jpvs.org/
http://www.jpvs.org/v-info/IVU/ivunews.htm
☆『Choices for Tomorrow (CFT) / あしたへの選択』
http://ashitaenosentaku.org/
●菜食主義が地球を救う
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/125096083.html
・世界食糧デー
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/130370222.html
・ベジタリアン・サーズデイ
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/120163884.html
・ベジタリアンとは? なぜ、ベジタリアンなのか?
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/119596834.html
・菜食のすすめ・・・菜食主義とは
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/119005840.html
☆「ザ・コーブ」
http://www.thecovemovie.com/
http://www.thecovemovie.com/japanesefiles/the-cove-store-files-final/Cove-home-page-absolute-url.htm☆「フード・インク(Food, Inc.)」
http://www.foodincmovie.com/
☆「いのちの食べ方」
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
☆「食の未来」
http://syoku-no-mirai.net/
posted by 清水の伏竜. at 07:08| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック