2016年06月20日

四耐四不訣

「四耐四不訣」
   曾国藩(そうこくはん)

 冷(れい)に耐え、
 苦(く)に耐え、
 煩(はん)に耐え、
 閑(かん)に耐え、
 激(げき)せず、
 躁(さわ)がず、
 競(きそ)わず。
 随(したが)わず、
 以て大事を成すべし。

四耐四不(したいしふ)
事を成すために必要なこと
耐えるべき4つのこと、
してはならない4つのこと。
パワハラに耐え、
自身の道を行くべきであると
言うわけです。
冷遇されても
苦業や苦痛を与えられても
煩わしいことが多くなっても
何もさせてもらえず窓際に追いやられても
耐えるべきということです。
そして、
怒ることなく感情的になることなく
さわいだりしないで、
また争ったり競ったりしないで
他人の意見や言うことに従わないで
落ちついて自分自身の考えをもって
自分の責任で行動することが
事を成し遂げるには大切ですよっと
言うことになるわけですね。
でも、これを実践すると、
日本の企業では評価されることはないでしょう。
出る杭は打たれ潰されるのが一般的ですし
無自覚ハラスメントが多いのが
普通の企業の日常であるとも言われますから。
経営者の姿勢としてはありでしょうけど、
会社員の姿勢としてはなしということに
なるのかもしれませんね。
posted by 清水の伏竜. at 17:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。