2014年03月29日

誰かを幸せにするということ

WUG
仙台コラボユニット
アニメーション1クール最終話
グランプリはとれなかったけど
7人の少女たちは大きなものを
得ることが出来たのでした。

それは、人気アイドルユニットから
WUGに移ってくることになった
少女の想いの言葉の中に
込められていました。

『誰かを幸せにするということ
それには三つのタイプがあると思う
世の中の多くの人を幸せに出来る人
自分の周りの身近な人を幸せに出来る人
それと
自分を幸せに出来る人

幸せについて
もうひとつわかったことがある
それは、自分が幸せじゃなければ
誰も幸せに出来ないってこと

だから今の私なら
もしかしたら誰かを
幸せに出来るんじゃないかなっておもう』

アイドルユニット&
地域コラボレーション
アニメーション
第2シーズンはあるのかな。
http://wakeupgirls.jp/
posted by 清水の伏竜. at 13:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

無観客試合に寄せて

無観客試合に寄せて

我らはサッカーを愛する
誇り高きサポーター
地元、清水にて、
ゼロからスタートした
エスパルスを愛し、見守ってきた。
アウエイの無観客試合、
初めての出来事、
応援に駆けつけること出来ずとも
心は常に、チームと共にある。
この出来事に不満や不平など、
言いはしない。
この試合に
他のクラブやサポーターが
巻き込まれなかったことを嬉しく思う。
何故なら、我らは、
真にサッカーを愛する
誇り高きサポーターであるのだから。
どんな逆境にも、どんな苦戦にも、
挫けることなく、エスパルスを愛し、
応援し続けることが出来るのだから。
正義が成されたことへの
立会い人となれたことを誉れとして、
更なる飛躍を成し遂げるために、
不平不満は不要なものでしかない。
全てのサッカーを愛する人のために、
エスパルスを愛する人のために、
我らエスパルスサポーターは、
暖かく愛ある応援を送り続けていくだけである。
それが、エスパルスのサポーター魂なのだから。
さあ、今こそ、
One tearm.One mission.
RISING!
WE ARE! 清水エスパルス!



iPhoneから送信
posted by 清水の伏竜. at 02:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。

「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
 しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に」
森信三

 出会い、人は、日々、生活するなかで、
多くの人とすれ違います。
街ゆく人、電車やバスの中、劇場や美術館、公園、商店、
でも、そこで見る人、すれ違うだけの人とは、
出会いであっても、出会いではなかったりします。
出会いとは、お互いの存在をお互いに意識し認識して
はじめて本当の意味を持つものだということです。
同じ場所、空間、時間を共有しているだけでは
出会いとはいえないでしょう。
 本当の意味での出会い、それは人生のなかで
数限られたものでもあったりします。
そして、人生の中で、出会うべき人がいたなら
必ず、出逢うことになるということです。
用意され、導かれし出会いというものが、
確かに存在しています。
そんな人との出会いをしっかりと絆にして
いくことが出来るかどうか、
それは、自分自身の責任分担ということに
なるのかもしれません。
posted by 清水の伏竜. at 23:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする