2016年06月20日

四耐四不訣

「四耐四不訣」
   曾国藩(そうこくはん)

 冷(れい)に耐え、
 苦(く)に耐え、
 煩(はん)に耐え、
 閑(かん)に耐え、
 激(げき)せず、
 躁(さわ)がず、
 競(きそ)わず。
 随(したが)わず、
 以て大事を成すべし。

四耐四不(したいしふ)
事を成すために必要なこと
耐えるべき4つのこと、
してはならない4つのこと。
パワハラに耐え、
自身の道を行くべきであると
言うわけです。
冷遇されても
苦業や苦痛を与えられても
煩わしいことが多くなっても
何もさせてもらえず窓際に追いやられても
耐えるべきということです。
そして、
怒ることなく感情的になることなく
さわいだりしないで、
また争ったり競ったりしないで
他人の意見や言うことに従わないで
落ちついて自分自身の考えをもって
自分の責任で行動することが
事を成し遂げるには大切ですよっと
言うことになるわけですね。
でも、これを実践すると、
日本の企業では評価されることはないでしょう。
出る杭は打たれ潰されるのが一般的ですし
無自覚ハラスメントが多いのが
普通の企業の日常であるとも言われますから。
経営者の姿勢としてはありでしょうけど、
会社員の姿勢としてはなしということに
なるのかもしれませんね。
posted by 清水の伏竜. at 17:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
ポール・ゴーギャン(1848−1903)

 その答えは、既に既知ではあるが、無知であることの方が多い。
その答えを知るためには、出会いが必要となる。
その出会いとは、神の叡智との出会いである。
神の叡智との出会いは、なかなか難しい。
出家と修行に踏み出せる環境にあるのか。
それを決断できる心情があるのか。
物心両方でのハードルが存在しているからだ。
自ら直接知るのは、並大抵のことではない。
では、間接的に知る方法はあるのか。
それには、神の叡智を知る人から学ぶしかない。
神の叡智を知る人との出会いが必要となる。
その出会いの縁をもっているかいないかで、
知ることが出来るか否かが決定してしまうということだ。
また、もしかしたら出会えていたとしても
その出会いをしっかりと捉えることが出来なければ
得ることは出来ないことになる。
一期一会の時をどれだけ大切にすることが出来るのか
っということになる。
ゴーギャンには、そんな縁がなかったということだろう。
posted by 清水の伏竜. at 12:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

人生の目的、宗教の目指すもの・・・・


キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、聖書を聖典としている
宗教の目指すものは何でしょうか、
その信仰の先にあるものは何なのか、
求めるものは何なのか、
それについて、本質とも言えることを語っているものがあります。
そこから、その内容を引用しつつ紹介してみます。

人生の目的とは何でしょう?
人は誰でも幸せを求めています。
つまり人生の目的は喜びであり幸せになることです。
ではどうすれば最高の喜び、最高の幸せを得られるのでしょうか?
3つのことを行っていくことがその道であるというわけです。

一つ目は、心身統一を土台とした立派な愛の人格を養うことです。
良心に従って生きる人になることです。
イエス・キリスト
「敵を愛し、迫害する者のために祈れ。」(マタイ5:44)、
「あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」(マタイ 5:48)
と言われました。
「怨讐をも愛する」ことができるような愛の人格を持つことを目指しています。

二つ目は、愛のあふれる家庭を築くことです。
愛は一人で成長させることができず、必ず関係性の中で成長していきます。
私たちにとって最も近い人間関係がある場所が家庭です。
その中で私たちは子女の愛、兄弟姉妹の愛、夫婦の愛、父母の愛を学んでいきます。
そして、その家庭内での愛の関係をモデルとして、
家族以外の人々とも家族的な人間関係を築いていくことができるのです。
つまり、家庭は愛の学校なのです。
それをさらに社会、国家、世界にまで拡大することによって、
平和な社会、国家、世界を築くことができるのです。
その世界の中心は人類の親である神様です。

三つ目は、自然万物との調和とその活用です。
自然万物は神様が人間に下さったプレゼントです。
人間は科学を発展させることによって、万物の構造や特徴を理解し、
それらを用いてより快適な生活環境を築いていくことができます。
同時に万物の美しさ、雄大さ、厳しさを通じて神様の真の愛を感じることができます。
このように、万物を大切にし、その価値を見出し、また調和して暮らすことで、
この地上に天国を建設することができるのです。
posted by 清水の伏竜. at 07:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

誰かを幸せにするということ

WUG
仙台コラボユニット
アニメーション1クール最終話
グランプリはとれなかったけど
7人の少女たちは大きなものを
得ることが出来たのでした。

それは、人気アイドルユニットから
WUGに移ってくることになった
少女の想いの言葉の中に
込められていました。

『誰かを幸せにするということ
それには三つのタイプがあると思う
世の中の多くの人を幸せに出来る人
自分の周りの身近な人を幸せに出来る人
それと
自分を幸せに出来る人

幸せについて
もうひとつわかったことがある
それは、自分が幸せじゃなければ
誰も幸せに出来ないってこと

だから今の私なら
もしかしたら誰かを
幸せに出来るんじゃないかなっておもう』

アイドルユニット&
地域コラボレーション
アニメーション
第2シーズンはあるのかな。
http://wakeupgirls.jp/
posted by 清水の伏竜. at 13:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

無観客試合に寄せて

無観客試合に寄せて

我らはサッカーを愛する
誇り高きサポーター
地元、清水にて、
ゼロからスタートした
エスパルスを愛し、見守ってきた。
アウエイの無観客試合、
初めての出来事、
応援に駆けつけること出来ずとも
心は常に、チームと共にある。
この出来事に不満や不平など、
言いはしない。
この試合に
他のクラブやサポーターが
巻き込まれなかったことを嬉しく思う。
何故なら、我らは、
真にサッカーを愛する
誇り高きサポーターであるのだから。
どんな逆境にも、どんな苦戦にも、
挫けることなく、エスパルスを愛し、
応援し続けることが出来るのだから。
正義が成されたことへの
立会い人となれたことを誉れとして、
更なる飛躍を成し遂げるために、
不平不満は不要なものでしかない。
全てのサッカーを愛する人のために、
エスパルスを愛する人のために、
我らエスパルスサポーターは、
暖かく愛ある応援を送り続けていくだけである。
それが、エスパルスのサポーター魂なのだから。
さあ、今こそ、
One tearm.One mission.
RISING!
WE ARE! 清水エスパルス!



iPhoneから送信
posted by 清水の伏竜. at 02:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。

「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
 しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に」
森信三

 出会い、人は、日々、生活するなかで、
多くの人とすれ違います。
街ゆく人、電車やバスの中、劇場や美術館、公園、商店、
でも、そこで見る人、すれ違うだけの人とは、
出会いであっても、出会いではなかったりします。
出会いとは、お互いの存在をお互いに意識し認識して
はじめて本当の意味を持つものだということです。
同じ場所、空間、時間を共有しているだけでは
出会いとはいえないでしょう。
 本当の意味での出会い、それは人生のなかで
数限られたものでもあったりします。
そして、人生の中で、出会うべき人がいたなら
必ず、出逢うことになるということです。
用意され、導かれし出会いというものが、
確かに存在しています。
そんな人との出会いをしっかりと絆にして
いくことが出来るかどうか、
それは、自分自身の責任分担ということに
なるのかもしれません。
posted by 清水の伏竜. at 23:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

本気になると世界が変わってくる

『本気になると世界が変わってくる
 自分が変わってくる
 変わってこなかったら
 まだ本気になってない証拠だ

 本気な恋
 本気な仕事
 ああ
 人間一度こいつを
 つかまんことには』
  坂村真民

 本気の度合いが、
人生においては、常に問われて
いるのだということでしょう。
本気になっていれば、
変化が起こっていく
変化が起こっていかないのなら
まだ本気になり切れていないと
いうことになるのでしょう。
どこまで本気になれるのか
自分自身に問われています。
それに答えることのできる
自分でありたいものだと
思う次第です。
posted by 清水の伏竜. at 05:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心構え

『心構え
 新しい年を迎えるには、新しい心構えがなくてはならぬ。
 決してただ漫然と迎えてはならぬ。
 そしてその心構えには年相応のものがなくてはならぬ。
 五十代には五十代の心構え、
七十代には七十代の心構えが大切である。
 還暦になったんだから、
 古稀になったんだからという妥協は、
 自己を深淵に落ち込ませるだけである。』
   坂村真民

 私の心構え、昨年末に出た修練会のなかで
得られたもの感じたもの思ったことから
ひとつの心構えが出来ていたように感じます。
それを忘れることなく、
新しい年を歩んでいきたいと思います。
そして、更にこれからの人生について
セカンドキャリアを含めて、
考えて行きたいと思います。
posted by 清水の伏竜. at 05:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

念ずれば 花ひらく

『念ずれば 花ひらく
 苦しいとき母がいつも口にしていた
 このことばを
 わたしもいつのころからか
 となえるようになった

 そうしてそのたび わたしの花がふしぎと
 ひとつひとつひらいていった』
   坂村真民

想いのたけを念ずること
それは、自分自身の心のなかに
深く刻み込みということ
そして、深き祈りの中に、
その想いを込めて、
神の助けを得られるように
努力していくことにより、
想いを現実に変えていく
それが出来るか否かは、
まさに、自分自身の心次第であり
その心が、意志となり、行動となって
行くことによって、
開花していくことになると
いうことだろう。
posted by 清水の伏竜. at 05:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。